薔薇の香りに包まれながら 熱い思いが詰まったケーキを食べて 至福の時を過ごしましょう   That’s great!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張ったァ!!!!

大きく、アップします

必死で作りました

ちょっとだけ

お洒落なケーキたち

もちろん私基準の お・洒・落 だけれど(笑)






57-1.jpg


DSCF3694.jpg


DSCF3824.jpg


DSCF3693.jpg


DSCF3879.jpg

さぁ・・・・がんばろうかな



                 パワーを頂いた朝





49日法要を終えて

もし
父が
自宅で
ゆっくり養生をして・・・・

大きな買い物をしたと苦笑する大画面のテレビをみたり
大好きな母と近くを散歩したり
たまには息子や娘と素敵なレストランで食事をしたり
孫たちの話し相手になったり
心臓に負担をかけない生活をしていたら
父は
もっともっと
生きていてくれたと思います

「お父さんのお米はやっぱり一番美味しいです」と言う母

「伯父さんのお米を食べたら他のお米は食べられません」と言う甥や姪たち

そして

近くのレストランや
学校給食で食べてくれる見知らぬ人たちの
喜ぶ顔を浮かべながら

父は
限られた命であることを自分で悟り
テレビもほとんど見ないで
弱りきった身体に酸素ボンベを背負い
6ヶ月間お米と野菜作りをしました

初めて父を手伝った私の6ヶ月間は
大変な意義ある時間でした
お米や野菜のことを
父は病院のベットでうれしそうに私に語り
退院して指示通りに動く娘を喜んでくれました
父は田んぼの隅っこで座り
生まれて初めて農作業する娘の危なっかしい足取りを見て
嬉しそうに笑ってくれました
私は父の限られた命を思い
何度もコシヒカリの稲穂を抱きしめて田んぼの真ん中に座り込み
泣いていました

49日法要にお参りしてくださった全ての方に
父のお米で焼いたシフォンケーキとクッキーを持ち帰って頂きました

そして
一番父がお世話になった近くのお医者さま
深夜でも明け方でも電話一本で飛んできてくださった
大きな病院への入院を嫌がる父のために
嫌な顔一つしないで点滴を何本も運んでくださった

その先生へそして看護師さんたちへクッキーとシフォンを持参したときの事
父が作った最後のお米であることを伝えると
待合室に沢山の患者さんがいらっしゃることも気にしないで
若い看護師さんたちが
ポロポロ涙をこぼし
両手で顔を覆って
泣き出してしまいました
ずっと父のことを気にかけてくださった方たち

私は葬儀後
初めて人前で泣きました

親戚や知人の
褒め言葉は
父のひたむきなお米へのこだわりと命かけの収穫より
美味しそうなケーキやクッキーの出来栄えのほうに
頂きました

でも
私が何よりも
わかってもらいたかった
伝えたかった気持ちが
この場で伝わったことが
嬉しくて
そして
父の頑張った姿を思い出し
泣けました

シフォンを両手で抱きこみながら言ってくださった

「すごいですよ
 素晴らしいですよ
 ほんとうに
 ほんとうに
 素晴らしいことですよ」


今日も父の粉を使って焼きたいと思います



DSCF3654_convert_20120219085939.jpg


DSCF3650_convert_20120219085745.jpg

お父さんのケーキ

「ねぇ・・・おとうさん

おとうさんが一生懸命作ってくれたお米を粉にしてもいいかしら?」




「粉にしてどうするんや?」



「いろんなヒトに食べさせてあげたい・・・

おとうさん、私やお母さんが止めても

酸素ボンベ背負って

体がしんどいのに

土の上で死ぬのなら本望やって

一生懸命作ってくれたよね

そのお米を沢山のヒトに食べさせてあげたい」



「ケーキを焼くんやなぁ・・・・(にこっ)

かまへんよ・・・いっぱい作って食べてもらってな!

とうさんが作ったお米は誰にも負けヘン!

甘い甘いお米や!おいしいで!

イッパイ、イッパイ作って喜んでもらってな!」



お父さんが逝って一ヶ月が経ちました

お父さんだけが頼りだったお母さんは悲しみが大きすぎて

幼子のようになってしまいました

私はそんなお母さんを必死で守っています



お父さんのお米で作ったケーキが出来上がりました

お父さんの写真のそばでお母さんは嬉しそうに食べてくれました

「おいしいわ!お父さんのお米は美味しいねぇ」と

泣かずに食べてくれました



お父さん

昨日はケーキバイキングをしました

スイーツ大好きな人たちが来てくれました

私はお父さんの米粉を使っていろんな種類のケーキを焼きました

150カットのケーキが全部なくなりました

「おいしいねぇ・・・本当においしいねぇ」

最高の褒め言葉を聞きながら

私は涙がこぼれそうでした

お父さん見ていてくれましたか?

お父さんが色んな方に無農薬野菜や自慢のお米を

差し上げて喜んでいる顔が浮かんできました

私はやっぱりお父さんの娘です

お父さんの娘で本当に良かったです



一部の画像だけですがアップさせていただきます

e1e601057efd7bb69f624a2f91235aec.jpg  3adaf870faf2a454266c722f83ebf75e.jpg  5b1ee910d5a30f05840254087823190c.jpg  6d826720c7d2837919e4871be0e4bddb.jpg  310ac12f0eb8ea5b4ac8a05a1cbdc03b.jpg  5693ae930d0927499d27aca1f8969c38.jpg  21496218a3f7a93bce1e4be9d8501163.jpg  c3cfffd6e3949d7496c12c689770709d.jpg  d09361813c2baeba2750a0db326084f3.jpg c439681aafe6f047643ae2ee5b6f991b.jpg


 









有難い気持ちはハート型

病院での治療が終わり

父が退院してから10日が過ぎました

段々と弱っていく父のそばで

母は一生懸命世話をしています

8袋の薬袋から

朝、昼、夕そして寝る前の薬を

時間かけて仕分けしている母の姿を見ました



「ごめんね!ごめんね!

もっと早く気がついてあげたらよかったのに!」



その袋を抱えて近くの薬局へ飛び込みました

「薬を朝、昼、夕、寝る前と一袋にまとめて頂けませんか?」

事情を話すと薬剤師の方は

「わかりました!大丈夫!出来ますよ!すぐ出来ますから!!

お母様大変ですよね!これだけの薬を分けて飲まして上げられるのは!

大丈夫ですよ!!すぐ出来ます!」

温かな白衣の方々

三人で手際よくしてくださった薬の袋を

私の手に渡してくださいました

胸がキュンキュンして

ただただ

「ありがとうございます!本当に本当にありがとうございます」

この言葉をを繰り返していました



それから

スーパーで薬をわかりやすく入れる小物入れをさがしたけれど見つからず

クリスマスのディスプレィで忙しく走り回っている店員さんに尋ねました

「そうですねぇ・・・お待ちくださいね」

しばらくするとキッチンコーナーから数点抱えて持ってきてくださいました

それらを手にとって見ていたら

また違ったアイデァ商品を持ってきて

「こんな感じの品物もございますよ」と。



「お忙しいのに本当にありがとうございます!

助かりました!本当にありがとうございました」

そうお礼を言ったときの店員さんの笑顔

広い店内を走り回り額に汗が滲んでキラッと輝いていました

本当に有難かったのです



母は喜こびました

「む~んちゃん!ありがとう!ありがとう!

もう、薬を分けなくても1袋だけを飲ませてあげたらいいのね

あぁぁぁ有難いわ!本当にありがとう」



その夜

母から電話がありました

「む~んちゃん!!!!む~んちゃん!!!!

お父さん、お通じがあった!便がでたよぉ

有難くて・・・・有難くて・・・・本当に有難くて・・・」

退院して10日ぶりのお通じでした



有難い!

この言葉は全身の筋肉の細胞に行き渡ります

そして

それは

母や私を通して

父の体細胞に取り込まれていると

私は確信します



そんな気持ちで焼いたのはハート型

DSCF3595_convert_20111213202943.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
【モニプラ×東京ラスク】新規無料会員登録で東京ラスクをお味見しちゃお♪