薔薇の香りに包まれながら 熱い思いが詰まったケーキを食べて 至福の時を過ごしましょう   That’s great!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンナともだち

cot3.jpg

“むーんちゃん!
走れる?わたしもここから走るけん”


だぁい好きな
私のオンナともだち

お上手を言わないヒト
ストレートすぎる会話に
最初はびっくりしたけれど
いろんなことを
イッパイ経験してきた彼女だからこそ
言葉の持つ意味は深い

温かな方言で
彼女は真剣な顔をして
私の目をまっすぐ見て

“わかった?
 わからんか?”



“わかる・・・ありがと”

“よっしゃ!
そしたら
元気出すこと!”



そう言って
綺麗な顔をおもいっきり崩して
笑った



“ゆみちゃん
もうすぐ始まるなぁ”



“始まる!始まる!”

私の息子は親元を離れ
親戚も知人も頼れるヒトは誰もいない地の高校へ
野球留学をした

彼女の娘は野球部のマネージャーだった

息子が肩を壊して病院のベットで悔し涙を流していたとき
彼女の娘が
ずっと・・・
ずっとそばにいてくれた

退院後も
三角巾で右手を吊りながら
遠征に行くチームメートを見送りながら
足腰を鍛えるための筋トレを続けていた

甲子園のマウンドで投げるために
息子は歯を食いしばって
泣きながら
一生懸命
むちゃくちゃ一生懸命がんばった

スポーツバックも
持つことが出来なくなった右手

激痛が走る肩

半身不随になると言われて

○○の病院が良いと言われると
飛んで行き
△△の病院には立派な医師がいると聞けば
ワラにもすがる思いで出かけた

息子が自暴自棄にならずに
厳しい野球部の寮で
生活できたのは
マネージャーである彼女が
いつも息子のそばにいてくれたからである

今となれば
汗と涙と泥だらけの中の
キラキラと輝く純粋な思い出だけになってしまったけれど
マネージャーの母と
甲子園のマウンドを夢見た球児の母は

木製のベンチに腰掛けて、あったかい温泉に足をひたし
ゆっくり流れる風景を眺め、
せせらぎを聞いていた

uid000031_2009022417192567dcb68c.jpg

“ゆみちゃん
 焼いてきたシフォン食べる?”


彼女は ニッ と笑った









スポンサーサイト
コメント
No title
むーんさんの周りにはたくさんの心通じる友がいて
そんな友人がや綺麗な薔薇や、美味しいケーキ、そして
温かな家族が多忙なむーんさんの生きる活力になっていますね
でも逆にむーんさんの優しさやこのかふぇの温かさが私達
に元気を与えてくれます
いろんな事を乗り越えた野球少年はきっとどんな困難にも
負けない強い青年に成長しておられる事でしょう
影で支える母の愛情もきっとしっかり受け止めて・・・・・
むーんさん いつも ありがとう
私も頑張りますね

2009/07/12(日) 12:46 | URL | ポプリ #-[ 編集]
同じ野球少年、がんばれ!
むーんさんの息子さん、野球少年なんですね♪

うちの次男ね、中学は柔道、高校に入り、野球をやり始めて、3年になっても補欠でした(><)

でも、クラブと勉強の両立がたいへんで、あのときの次男は抱きしめてやりたいほど、立派だなって思いました(笑)

むーんさんの息子さん、とってもすばらしいですね(^^)
応援しなくっちゃ~!!!
2009/07/12(日) 17:32 | URL | ふーみん #-[ 編集]
ポプリさんへ
ポプリさん・・・・
息子はまっすぐに育って来たわけではありません
ギラギラと輝く太陽のもとで
走る周る球児たちの姿を見ると
わたしはすぐに涙が出てきます
でも・・・私の人生に強烈な味付けをしたことは事実です
良くも悪くもですが・・・・・

ポプリさん・・・・ありがと
アナタの優しさイッパイ感じます
ほんとに・・・ありがと
胸いっぱいですよ私
2009/07/12(日) 19:58 | URL | むーん #-[ 編集]
ふーみんさんへ
息子の高校生活は野球オンリーでした
広告塔だから勉強より野球でした
特に父親はこの息子に期待してました
でも、ボールを握るよりリハビリやボールが握れない日々の方が多かった高校生活
息子はまっすぐに成長したわけではありません
言葉にすれば根性物語になりますが
いやいや
眠れないほど心配しなければならないことがイッパイでした
やさしい性格ゆえ自身も苦しみの連続で
甲子園のマウンドに立てなかったそのことは
いろんな形で息子を苦しめ
その苦しみが立派な精神形成になることはまだずっと先のことです
子育ては難しいです
子育てをしながら母になれるって痛感してます
2009/07/12(日) 20:15 | URL | むーん #/3WEEAIQ[ 編集]
野球少年
うちの主人も高校球児でした。
なので、甲子園への情熱はだれにも負けない。。。
みたいなことを熱く語ってくれたりもしますが、
主人のチームは弱小チームだったので、
地区大会でも負けてしまうくらいでしたが、
それでも、野球をやってきた人に悪い人はいない!!
という主人の持論は続いています。

野球は、ポジションが決まっているから、
はっきりとした責任を負わされているんだ!
だから、高校生でも、きちんと自分の役割を全うするように
頑張っている!!といいます。
けがをして、つらい時期を超えた彼だからこそ、
きっと見えた風景もあったと思います。
親元を離れての練習や、学校はきっと彼を大きく成長させてくれたことでしょう。

いろいろな出会いがあるんですね。

素敵なお話だと思いました。

また遊びに来ますね。
2009/07/13(月) 08:59 | URL | みゆすけ #-[ 編集]
こんにちは!
むーんさん、こんにちは。   e-266

息子さんは、今はお元気なのですかv-361

うちの子供は今大学でサッカーをやっています。
学生寮にいます。
たまにしか帰ってこないけど、いつもたくましくなって帰ってくるので、
それなりに楽しいです。e-420

私の言うことは一切聞かないどら息子です。v-284


2009/07/13(月) 13:17 | URL | ゆみ #6urEx/7U[ 編集]
みゆすけさんへ
野球留学はいろんなケースがありますね・・・
私の息子は球児としての生活を続けることができましたが
何人かのメンバーは残念なことに退学もありました
15歳という年齢はほんとに難しいと思います
息子は心無い大人の言葉に傷ついた時期もありました
PTAもOBも甲子園への切符に届きそうになると
一生懸命になりますものね・・・・
内緒で痛み止めの注射をしてのマウンドは思い出したくないほどの
辛いものだったでしょう・・・・
9回裏で逆転したチームと
打たれたマウンドのピッチャーの姿
最後の夏は根性物語で終わることはなかなかありません

でも・・・・何かをつかんでるはずです・・・だれもが・・・・
そう思いながら高校野球を見ています

2009/07/13(月) 21:00 | URL | むーん #-[ 編集]
ゆみちゃんへ
息子は元気です

裸になれば肩と腕に大きな傷跡(手術)があり
いまでもそれをみると辛くなります
周りからもう一度大学で野球をやり
マウンドに戻るように言われましたが
用意してもらった大学(野球)は親にも相談しないで
断り福祉に進みました
でも・・福祉に進んだ息子の気持ちがよくわかります

2009/07/13(月) 21:09 | URL | むーん #-[ 編集]
心の痛み
そうですか。息子さんは福祉を勉強なさったんですか。。。

わたしも今、福祉を勉強しています。
入学して驚いたのですが
クラスメートの中には、様々な人生経験を積んだ人がたくさん。
もちろん、この国ならではの背景がありますが
ストレートAを取り続けている一番優秀な生徒会長は
drugで死にかけ、刑務所であじわった経験を
教室で、私達に話してくれました。

真に人のために働ける人は、人の心の痛みのわかる人。
彼を見ていると、本物の持つ強さ、尊さ、そして優しさが伝わってきて
私もがんばる・・・って、そう思う。

福祉を学びながら、自分との向き合い方、家族とのあり方を見つめる毎日。
自分とむきあうことほど、辛い作業はないですね。 涙

心が疲れて、もうがんばれないよ・・・って思うとき
むーんさんの優しいケーキを食べたぃ。
真っ白い薔薇と話をしながら、涙を流したい。

それが、今のわたしの夢みたいな夢です。
2009/07/14(火) 00:41 | URL | croissant #XjAalVX6[ 編集]
croissantさんへ
わたしも以前croissantさんの住んでいらっしゃる国で
友人からdrugの色んな話を聞いたことがあります
こちらでは考えられないようなことを聞いてゾッとしたことを思い出します

心が疲れてしんどいですか?
いろんな想いが押し寄せてきて辛いですか?
今、真っ白い薔薇
ロイヤルプリンセスの二番花が咲いています
生クリームのような綺麗なお花が咲いています
深いグリーンの葉っぱに
一生懸命咲いた真っ白な薔薇を見ています

アナタの好きなケーキを焼いて
今、一緒に食べたいって思います
2009/07/14(火) 03:33 | URL | むーん #-[ 編集]
おいしいケーキとともに
むーんさんのブログに来る方は、みなさんとても文章が上手で、私はちょっと恥ずかしかったりします。
でも、だんだん上達するかな~と思いながら、書いてしまいます。
子供の成長は、親の成長も促しますよね。
私も、4年半前に子供を持つまでは、自分ひとりで大きくなってきた気がしていました。
でも、新生児を抱いたその瞬間から、両親への感謝の気持ちでいっぱいになりました。
子育ては、準繰りですが、それでも、やっぱり親の愛情なしでは、子供は育ちませんよね。
親の愛情ほど、無償の、そして、かけがいのない愛情はないと思います。

子供が悩んでいるときには、手を伸ばしてあげたい、そして手を差し伸べてもらいたいと思えるような親になっていきたいと思っています。
上の子も、下の子も未就学児で、まだまだ未熟者のママですが、それでも、子供のおかげで少しは人間らしく、人間くさくなってきたのではないかな~と思います。
子供からもらっているものの大きさを思うと、子供に出会えたことに本当に感謝です。
子供が生まれてから今日までの道のりを思うと、ぐっとこみあげてくるものがあります。

むーんさんのように、大きなお子さんをお持ちの方は、もっともっとその思いが強いと思います。

ケーキを食べながら、昔話ができるような素敵なご家族の絵が、浮かびます。

いつかお会いできる日を楽しみにしています。
2009/07/14(火) 08:18 | URL | みゆすけ #-[ 編集]
みゆすけさんへ
私は
三人の息子たちをもう一度お腹に戻して
最初からいまの気持ちで育ててみたいと思うことが何度もあります(爆)
子供だけでなくて
勉強もすべてのことを
今の気持ちでもう一度トライできたらと
思います

いつか・・・・お会いしましょうね
一緒にケーキを食べて楽しいお話が出きることを楽しみにしてます
たかがネットされどネット
わたしは画面の向こうのブログ友達がとっても・・・
とってもスキになってます
2009/07/14(火) 08:45 | URL | むーん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
【モニプラ×東京ラスク】新規無料会員登録で東京ラスクをお味見しちゃお♪