薔薇の香りに包まれながら 熱い思いが詰まったケーキを食べて 至福の時を過ごしましょう   That’s great!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

49日法要を終えて

もし
父が
自宅で
ゆっくり養生をして・・・・

大きな買い物をしたと苦笑する大画面のテレビをみたり
大好きな母と近くを散歩したり
たまには息子や娘と素敵なレストランで食事をしたり
孫たちの話し相手になったり
心臓に負担をかけない生活をしていたら
父は
もっともっと
生きていてくれたと思います

「お父さんのお米はやっぱり一番美味しいです」と言う母

「伯父さんのお米を食べたら他のお米は食べられません」と言う甥や姪たち

そして

近くのレストランや
学校給食で食べてくれる見知らぬ人たちの
喜ぶ顔を浮かべながら

父は
限られた命であることを自分で悟り
テレビもほとんど見ないで
弱りきった身体に酸素ボンベを背負い
6ヶ月間お米と野菜作りをしました

初めて父を手伝った私の6ヶ月間は
大変な意義ある時間でした
お米や野菜のことを
父は病院のベットでうれしそうに私に語り
退院して指示通りに動く娘を喜んでくれました
父は田んぼの隅っこで座り
生まれて初めて農作業する娘の危なっかしい足取りを見て
嬉しそうに笑ってくれました
私は父の限られた命を思い
何度もコシヒカリの稲穂を抱きしめて田んぼの真ん中に座り込み
泣いていました

49日法要にお参りしてくださった全ての方に
父のお米で焼いたシフォンケーキとクッキーを持ち帰って頂きました

そして
一番父がお世話になった近くのお医者さま
深夜でも明け方でも電話一本で飛んできてくださった
大きな病院への入院を嫌がる父のために
嫌な顔一つしないで点滴を何本も運んでくださった

その先生へそして看護師さんたちへクッキーとシフォンを持参したときの事
父が作った最後のお米であることを伝えると
待合室に沢山の患者さんがいらっしゃることも気にしないで
若い看護師さんたちが
ポロポロ涙をこぼし
両手で顔を覆って
泣き出してしまいました
ずっと父のことを気にかけてくださった方たち

私は葬儀後
初めて人前で泣きました

親戚や知人の
褒め言葉は
父のひたむきなお米へのこだわりと命かけの収穫より
美味しそうなケーキやクッキーの出来栄えのほうに
頂きました

でも
私が何よりも
わかってもらいたかった
伝えたかった気持ちが
この場で伝わったことが
嬉しくて
そして
父の頑張った姿を思い出し
泣けました

シフォンを両手で抱きこみながら言ってくださった

「すごいですよ
 素晴らしいですよ
 ほんとうに
 ほんとうに
 素晴らしいことですよ」


今日も父の粉を使って焼きたいと思います



DSCF3654_convert_20120219085939.jpg


DSCF3650_convert_20120219085745.jpg
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/11(火) 18:44 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【49日法要を終えて】

もし父が自宅でゆっくり養生をして・・・・大きな買い物をしたと苦笑する大画面のテレビをみたり大好きな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
【モニプラ×東京ラスク】新規無料会員登録で東京ラスクをお味見しちゃお♪