薔薇の香りに包まれながら 熱い思いが詰まったケーキを食べて 至福の時を過ごしましょう   That’s great!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験オワリ

             [film31210467]DSCF2441

              まっ、このくらいの膨らみで満足




              [film31210698]DSCF2442

               急いで手外し
              あぁぁぁぁぁぁぁぁ
               筒の部分が傷つきました・・・・ 



              [film31210633]DSCF2443

               ふわっふわっだけれど
                スッと立ってくれました



               [film31210787]DSCF2444

                 OKで~す

スポンサーサイト

第三楽章(笑)

何をもってシューベルトの交響曲を引っ張り出すのか
迷惑な話だけれど(爆)

わたしの米粉シフオン実験はまだ続いてます

しっとり感ともちもち感

毎日喜んで食べる夫は

聞かなければうれしそうに食べるだけで
聞けば

「おいしい」

と答えるだけ

試食を頼むヒトを間違っていると思うのですが・・・

さて
三日間続けて毎朝焼きました
そして帰宅してから型だし

DSCF2422_convert_20090830063232.jpg
粉と水分量を増やしました(一日目)
前回よりキレイに焼きあがりました
食感はあまり変わりませんでした





DSCF2429_convert_20090830063312.jpg
粉を控えて黄身を増やしました(二日目)
生地がいっぱいになり
何と無計画に
赤ちゃんが出来ましたので紙コップに入れました





DSCF2437_convert_20090830063355.jpg
よっしゃっ (三日目)
粉を基本に戻して
卵と水分量を増やし卵黄生地を少し長めに休ませました
DSCF2440_convert_20090830063434.jpg

今までで一番美味しいかな?

未完成交響曲


ケーキ用米粉を買って小麦粉レシピでシフォンを焼いたことがあった

“なぁ~んだ・・・・小麦粉とあまり変わらないなぁ”

膨らみも食感も
鈍感な私の舌では同じようなものだった

数種類のお米をブレンドし
成分を調整
極微粒子の米粉に仕上げた結果
小麦の代用食材として使えるようになったらしい

もっと
モチモチ感が味わえると思ってた

数ヶ月前から
近所のおばちゃんが教えてくれた粉屋さんで
農家さんから買ったお米を挽いてもらった
リ・○ァリーヌのような細かさはなく
ザラザラした感じがあるけれど

私はこの米粉が好き

静かな田園風景の中で
年配のご夫婦が
一生懸命挽いてくださったと聞いて

ますます好きになった

そのご夫婦は車を運転することできないので
隣のおじさんが
片道1時間半かけて
我が家までお米を取りに来てくださり
そして
丁寧に袋に入れて
再び
届けてくださった

粉にして頂いた代金は
片道の電車代よりも安く
心がキュンキュン痛む

ずっと
この米粉を使ってシフォンを焼いているのだけれど
満足の出来るレシピがまだ出来上がらない

私の基本のレシピに
少しずつ手を加え
実験が続いている


水分を含みやすい特性があることから
5%・・・・8%と増やしたり
生地を長めに休ませたり

そして

昨晩

10%の水分増と
生地をかなりの時間休ませて

焼いた


オーブンの中で膨らんでいるシフォンに
思わず声をかけた

“ねぇねぇ
 あなた、米粉なんだから
 小麦粉に対抗しなくってもいいのよ”


焼き上がりの膨らみは(焼き上がりの画像は撮り忘れた)
冷ましている間に
かさ低くなったけれど

DSCF2416_convert_20090826212726.jpg

でも
今までよりも
高さがあり
ふわっふわっ

DSCF2418_convert_20090826212814.jpg



もう少し
実験を続けましょっ

“Unfinished”



温かな食事

“おいしいですよぉ
 コレは
 かぼちゃですよ”


義母はしぶしぶ
口を開ける

“ほら
おいしいご飯ですよ
身体がしっかりするように
食べましょうね”


“はい!”

はぁ???
私はびっくりして
振り返った

義母のテーブルは4人掛けで
半身不随や軽度のアルツハイマーの方が
テーブルを囲んでいる
みなさんそれぞれ食べることに一生懸命で
不自由な右手を一生懸命使って
美味しそうにご飯を頂く
ひたすら自分の配膳を見つめて食べているので
私が義母にかける言葉は自分にかけてもらっていると
思ってるらしい

“せんせい・・・ありがとうございます”
白いティシャツの私はリハビリの先生なのか・・・

思わずクスッと笑って
その患者さんの背を
トントンと叩いてあげた
“おいしいですね・・・沢山召し上がってくださいね”

義母は
相変わらず食欲不振だけれど
私がスプーンで食べさせてあげると
何とか食べてくれる

しかし・・・
言葉が出なくなった

“おかーさん
 おいしいですか”


義母は一応頷いて苦笑い

“おかーさん
 となりのおばあちゃんみたいに沢山食べましょうね”


でも
すぐに首を横に振り
食べようとはしない

“おかーさん
 ご飯沢山食べて歩けるようになろうね
 おかーさん
 お外を
 手をつないで
 散歩しようね”


そう言いながら
細くなった義母の手を撫でたとき
義母の目に涙が光った

“おかーさん!!!
 手をつないで
 病院のお庭を
 散歩しようね

 手をつないで
 散歩しようね”


義母は泣き笑いのような顔をして
昨日より沢山食べてくれた

しふぉん ♪プレゼント

シフォン プレゼント企画に当選して
まーサムさんから8種類ものシフォンが送られてきました

松波城址情報館内にオープンしたまーサムさんのお店 ふぁふぁ

私もシフォンは
小麦粉よりも米粉で焼くほうが多いので
とっても楽しみにして
きりんさんになって
ずっとずっと待っていました

嬉しかったなぁ
トラックのバックする音を聞いたときは!
絶対クロネコさんだって確信したもの

まーサムさん・・・
ありがとう

DSCF2411_convert_20090820072759.jpg

真っ先に
チーズを頂きました

ヒトリで
そっと・・・・

期待を全く裏切らないテイストでした
食べてしまってから
画像を撮るのを忘れてしまったほどでした
(チーズの画像ありません・・・汗)

それから
1/2カットにしてテーブルに並べました
上目使いに私の許可を得てから
嬉しそうに
夫が食べ始めました

パクパクと息子の分まで食べてしまいました

“おいしいわっ”
私のシフォンを食べたときより
声が大きくて
テンションあがってました

確かに

おいしい

DSCF2412_convert_20090820072838.jpg



私・・・・・
いろんなことで
疲れちゃって
バタバタ走り回りながら
あぁあぁって
いつもため息つきながら立ち止まってた

もうひとつ身体があったらなぁって・・・

クタクタだった・・・・

沢山のシフォン見たら
思わずこみ上げてきたよ
心込めて作られたものは
こんなにも感動するんだなって

こころが
こころがね・・・
す~と楽になって
にこって微笑むことが出来たよ

だから
わたしも

一所懸命
頑張って・・・・頑張って
前向きに進んでいる大切な友達に
シフォンを焼いて送りました
彼女にも
ホワ~ンとした温かなキモチを届けてあげたかったの

そしたらね
彼女も
とっても
喜んでくれました
その弾けるような嬉しさイッパイのメールを読んだだけで
こちらがパワーをもらった感じがしました

まーサムさんから
そして
友達から
私は
ダブルでパワーをもらったから

充分頑張れます

まーサムさん


ありがとうございました



ほんとうに

私・・・・うれしかったです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
【モニプラ×東京ラスク】新規無料会員登録で東京ラスクをお味見しちゃお♪